モバイル通信が光通信に近づいている

無線通信も、最近で目覚しい進歩を遂げている領域といっていいでしょう。

スマートフォンの普及によって、そのモバイル通信の速度は飛躍的に増しています。

3G通信からLTEそしてWiMAXとその進化の具合は著しいです。そして昨年の10月に登場したばかりのWiMAX2+によって、さらなる次元に足を踏み入れました。

これはWiMAXから70Mbpsもの通信速度向上を達成しています。

下りで110Mbpsも出るので、これは光通信の100~1Gbpsに匹敵する速度だといえるでしょう。

飛躍するモバイル通信

WiMAX2+は今後、順次その接続可能エリアが広がっていく予定になっています。

現在は東京のみでしか使うことができませんが、2014年中には関東の主要な都市で使えるようになる予定ですし、2015年には全国の都市にまで普及することになっています。

これには高速のルーターとともに使うことになりますが、これはその自分がいるエリアによってWiMAX2+、WiMAX、LTEと使いわけることができるので、東京を出たからといって、もう通信できなくなる、というリスクを回避することができます。

このように、モバイル通信の速度も飛躍的に向上しているので、自宅での光通信の速度と、両者は近づきつつあるということがいえるでしょう。

なので、プロバイダを慎重に選び、高速の光通信を自宅では満喫しながら、外出時にはWiMAX2+を筆頭に高速モバイル通信を楽しめば、インターネット通信でいらいらするような状況はなくなります。

快適なサクサクと進むブラウジングが、あなたを無駄なストレスから解放し、有益な時間の余裕をもたらしてくれるはずです。

このような通信速度の向上に伴い、ネット上にはさらに魅力的なコンテンツが溢れてくると思います。

しかし、それらはその魅力のぶん、膨大なデータが飛び交うことになるはずです。

それらをストレスフリーで楽しむためにも、自宅では光通信とともにWi-Fiを使ってスマホを楽しみ、外出先ではWiMAX2+という高速通信を楽しむことが、これからの充実したネット社会を謳歌するうえで必要なことではないでしょうか。

フレッツ光オプション加入なしならここ
フレッツ光のオプション加入なしの代理店を比較しています。